全国茶生産青年茶審査技術競技会

2012年11月19日

Ik_zibfwbwx83c9-w-15oq-297x

授賞式(全国お茶まつり静岡大会にて)

堀川佳通さんが日本一の栄冠に

全国茶生産青年団が主催する第29回全国茶生産青年茶審査技術競技会が11月16日、静岡市葵区の静岡茶市場で開催されました。
全国の若手生産者がお茶の鑑定技術を競うこの大会で、個人戦で、菊川市の堀川佳通さん(34)が優勝し、農林水産大臣賞に輝きました。
競技は2012年産一番茶の荒茶が15府県から集められ、外観と抽出液により産地を判定する競技で、参加者は、鹿児島県、京都府、福岡県など14府県から20チーム、100人が団体戦、個人戦に参加しました。
団体戦は、静岡Aが優勝、静岡Cが2位とオール静岡で構成するグループが上位を占め、緑茶大国「静岡」をアピールしました。