菊川茶の歴史~深蒸し茶誕生のルーツをたどる~

お茶の木の起源は遠く中国の雲南省にあるといわれています。現在、日本でも様々なお茶を楽しむことができますが、緑茶も紅茶もウーロン茶も実は同じ木から生まれたものです。
お茶は世界中で長く愛されてきた歴史の古い飲みものなのです。

Iwtqnqzflqihh_cpcjhruw-297x

菊川公園敷地内に祀られている栄西禅師の石碑

日本茶の起源

いつも私たちの暮らしのそばにあるお茶。そのお茶を中国から日本に広めたのは、鎌倉時代の禅僧・栄西と伝えられています。栄西は著書「喫茶養生記」のなかで、“茶は養生の仙薬なり、延齢の妙術なり、古今奇特の仙薬なり”とお茶の効能を著わしています。
また1191年には、中国からお茶の実を持ち帰り佐賀県でお茶を栽培。製茶法なども同時にもたらしました。これが日本茶の起源です。

菊川茶の歩み

菊川市で本格的にお茶の栽培が始まったのは、鎖国が解かれた明治初期のことです。横浜開港によってお茶が輸出の花形商品となり、菊川市の東に広がる当時雑木林だった牧之原台地が開墾されお茶が植えられました。 寝食を忘れて茶園づくりに取り組んだ開拓者たちの努力は百数十年のときを経て、いまや大規模な茶園へと大きく実を結びました。

昭和39年(1964年)以降、茶農業協同組合設立が推進されて、安定した生産体制が整い、また熱心な生産者たちによって「深蒸し茶」の製法も開発され、全国有数の茶生産地としての評価が高まりました。 遠州のからっ風と恵まれた太陽の光のなかで育つ菊川市のお茶は、アミノ酸をたっぷりと含み、葉肉が厚いのが特長。この茶葉でつくる菊川の「深蒸し茶」はとりわけ風味が高く、これまで多数の賞を受賞しています。

Yiipn5kblhdcunng3yak5a-600x