お茶を楽しむ(いれ方)

お茶をおいしくいただくために、一手間かけてじっくりと味わってみませんか?

煎茶・深蒸し茶

深蒸し茶は「深い緑色」と「渋みが抑えられたまろやかな味」が特徴。少しぬるめの温度でいれることで、きれいな緑色になります。おいしくいれて菊川茶を満喫してください。

1

人数分の茶碗にお湯を8分目ほど入れて冷まします。

※深蒸し茶の湯温は、60~70度が適温です。

Sskeolwztsp05pf3alojyq-158x
2

お茶の葉を急須に入れます。

※5人で10~12グラム(大さじ約2杯)が目安です。少人数の場合は、ちょっと少なめに入れましょう。

Sjqmtwx4thpor2ytnqmhqw-158x
3

湯ざまししたお湯を急須につぎ、30~40秒ほどお茶が浸出するのを待ちます。

R_4dhiw-ewn1byfqgc9htg-158x
4

お茶をつぐ分量は均等に、濃淡のないように廻しつぎ、最後の一滴まで絞りきります。

※50~60度位が飲みごろです

Xwielpdiegl_ee5qj8co2w-158x

水出し煎茶

1

水出し用煎茶ティーバッグを冷水ポットに入れます。

※水1Lあたり茶約10g、冷たい水の方が香りが出ます。

Ovdwr7kfbtdvqigy86ah3a-158x
2

10~15分たったら、ティーバッグを絞ります。

※水の場合は成分が出にくいので、絞り出して濃いめにするとおいしいです。

1zjojnpz-9nlakprfxlh6q-158x
3

じゅうぶん絞りきったらティーバッグを取り除きます。

※冷蔵庫に入れておけば、いつでもおいしく飲めます。

Gc_r_yyszhdz4sqqpwi4ha-158x